imagical pleajous

世界のディズニーリゾートと風間俊介さんが大好きすぎて、2018年にJGC修行を決行した風間担による旅の記録。ときどきお気に入りのコスメや美味しいものについても語ります。

BOUCHERIE AmiaBras(渋谷)

先日のラムダック東京に続き、肉を売りにしたお店の新規開拓が続きました。

渋谷と表参道の間あたりのひっそりとしたエリアに位置している、BOUCHERIE AmiaBras(ブシュリー・アミアブラ)というお店です。

f:id:imagical:20180222093759j:plain

BOUCHERIE AmiaBras

食べログBOUCHERIE AmiaBras

席のみ予約で2名利用。入口からすぐの調理場を囲うカウンターの一角で、2名×6組くらいはこのカウンター席になるようです。

f:id:imagical:20180222122613j:plain

メニューを開くと1枚目にこの日のおすすめメニューが。

定番モノはもちろんのこと、この季節だからこその美味しさが味わえそうなものは率先して選びに行くタイプなので、前菜と魚料理をこのページからチョイス。

f:id:imagical:20180222122616j:plain

この日は特別に北海道産の雲丹ものっての登場。奥に見えるフルートグラスの脚くらいしか比較するものがないのですが、こちらの器は結構大きめです。

数量について特に指定しなかったはずなんですが、1人1つずつ来ました。美味しかったし、量もすごいわけじゃないので問題なかったといえばなかったんですが…。

f:id:imagical:20180222093755j:plain

こちらは真鱈白子のムニエル。野菜たっぷり、白子はぷりぷりかつクリーミーでとっても美味しい!お肉が主体のはずなお店ですが、今回頼んだ海のもののお料理はどちらも大当たりでした。

f:id:imagical:20180222122619j:plain

初めてのお店で置いていたら、パテを頼まないことがほとんどない気がする。初めてのバーで超スタンダードカクテル頼みたくなるのと同じ感覚。

パテに隠れてますが、自家製のピクルスも添えてあります。

f:id:imagical:20180222122629j:plain

ワインの種類が、グラスでも複数種の中から選ぶことができるのが良かったです。ものによって注がれるグラスの形状も異なっていて、こだわりを感じました。

f:id:imagical:20180222093759j:plain

メインの料理に選んだのが、ヘッダー画像にも設定している牛ハツのロースト。時間がかかるので前菜を頼むのと同じタイミングでオーダーしました。

美しい緋色(厨二感)は脂身のない赤身のお肉のように見えますが、ハツ=れっきとしたホルモン!初めて食べる不思議な感覚のメイン料理でした。他のお店ではなかなかお目にかかれなさそうなので、再訪する場合にもこちらを主役に持ってきたいです。

f:id:imagical:20180222122635j:plain

f:id:imagical:20180222122632j:plain

最後はデザート!アップルパイとラムレーズンクリームのサンドをシェア。

後者はアイスではなくしっかりめのクリーム(固めの六花亭バターサンドみたいなイメージ)なので、ちょっと重かったかな…。

渋谷からも表参道からも少し距離があるのと、路地裏なので最初は分かりにくいかもしれませんが、雰囲気もよくデート(もしくはパパ活っぽい雰囲気のお客さんも多かったです。