imagical pleajous

世界のディズニーリゾートと風間俊介さんが大好きすぎて、2018年にJGC修行を決行した風間担による旅の記録。ときどきお気に入りのコスメや美味しいものについても語ります。

イエベ春、骨格ウェーブのアラサーによる2018年の本命コート選び

10月なのに夏のような暑さの日があったりと、秋らしい涼しさをあまり感じられないまま、気付けば今年も残り1ヶ月半。

徐々にコートが活躍し始める季節になったものの、手持ちの服たちに合わせるためのバリエーションが物足りなかったので、追加してみようかなと。

今回は納得のいくコートをお迎えするまでのルートを振り返りように記録してみます。 

骨格ウェーブに似合うコートの形

まず欲しいイメージと自分の骨格に合うコートの形が何なのか、イメージを絞りました。

www.miyamarin.com

漠然とノーカラーのコートが欲しいと思っていたのですが、ラウンドネックで肩幅が狭め*1が良さそうということが判明。

あと丈は長くないもので、Aラインにデザインされていると尚良し。

これを頭に入れておいたことで、店頭で気になったものを手に取るか取らないかを瞬時に判断できたので、先に調べておいて正解でした。

実店舗が先か、ウェブショップが先か

さて、漠然とイメージが掴めてきたところで候補を詰めていきます。

最終的には実物の着心地や色味などを見て決めるわけですが、まずはどのお店に行けば気になっている形のものに出会えるのかあたりをつけるために、ZOZOTOWNなどでいくつかのブランドをリサーチ。

そのお店があるエリアに行ったついでに、近くにあるお店で気になるものがあれば試着して…といった感じで候補を精査していきました。

ウェブで見て気になったコート

オンラインで形を見て、これ着てみたい!と思ったのはこのあたり。1枚目と2枚目、同じコートの別画像にも見えなくないですが別物ですw

f:id:imagical:20181121092738j:plain
f:id:imagical:20181121092709j:plain

2枚目のほうは店舗の営業時間と自分の行動スケジュールがなかなか合わず、結局は実物を見ませんでしたが…。

店舗で見て気になったコート

あちこち歩き回りながら、この形と素材ならいいかもな~と試着してみたのがこのあたり。

f:id:imagical:20181121092720j:plain
f:id:imagical:20181121092712j:plain

f:id:imagical:20181121092705j:plain
f:id:imagical:20181121092408j:plain

袖やポケットのファー、フードがついているのがデフォルトで、それを取り外すことでノーカラーとして着られる、というものを中心に試着しまくりました。

で、何着か着ているうちに似たような形の中で差を感じるのは全体のシルエットだなということを実感するように。

求める条件が徐々に具体的に

ざっくりとしたイメージだけで始めたコート選びでしたが、色々なものに出会うにつれて自分が求めている条件が具体的になってきました。

  • 色はラベンダー系グレーやピンク系ベージュなど絶妙に混色された色
  • 肩の切り替え位置が低くない
  • ポケットはフリップなし(またはフリップなしに見せられる)
  • ファーは取り外し可能なもの、かつフォックス(アクリル、ダメ絶対)
  • コート本体へのウール配合率が50%以上
  • ジップで開け閉めできるタイプ(ボタンだけのタイプは避ける)
  • 背中に飾りベルトがついているorダーツが入っているとより良い

ダーツ入りのコートはこんな感じのイメージです。

f:id:imagical:20181121092716j:plain

これも最後まで候補に残ったうちの一つだったんですが、本体とファーの色の組み合わせがちょっと…となってしまいました。

色について

去年メインで着ていたコートはAラインでファー付きのキャメルなコートだったので、今年欲しいのは手持ちと被らない明るめの色。

color-me.jp

去年受けた診断ではファーストが春、セカンドが秋だったんですが16分類で考えたらウォームよりブライトじゃろ…と自分では思っているので、輝度が高めのものを中心に考えました。

imagical.hateblo.jp

念願の診断を受けてから、早いものでもうすぐ1年が経とうとしてるんですね…。セカンドオピニオンじゃないけど、16分類のところでも受けてみたいなぁとぼんやり考えています。

けど、これでブライトじゃなかった時には自分の見る目のなさにショック受けそうw

そして決めた一着

沢山の候補の中から最終的にお迎えすることにしたのはこちらの一着!

f:id:imagical:20181121092723j:plain

ド直球にAラインなシルエットではないのですが、裏地が千鳥格子柄という店舗でジップを開けた時のときめきがたまらなくてですね!

試着して気が付いたポイントとして、その裏地の柄&ポケットが上と横で分かれて使うことができる、という要素があります。

ファー付きフード、ファーなしフード、袖口ファーとバリエーションが広いので、着こなしパターンも多く、その日の天気や気分によって使い分けできるのが個人的にポイントが高かった要素の一つ。

バックスタイルだけは少し妥協したのですが、大切に着たい一着に巡り合えたのでとてもいい買い物になりました!

大事に愛でながらしっかり活躍してもらおうと思います。

*1:袖の切り替え位置が低くないもの