imagical pleajous

世界のディズニーリゾートと風間俊介さんが大好きすぎて、2018年にJGC修行を決行した風間担による旅の記録。ときどきお気に入りのコスメや美味しいものについても語ります。

【風間担のJGC修行】跳び飛びの旅 アイランドホッピングツアーin奄美群島に参加しました

JGC修行を回数修行で行うと決めてから旅程を考え始めたわけですが、予定がない週末があるのに有効に活用しないなんてもったいない!ということで、急遽4月中にどこかへ行こうということに。

4/14・15は東京ディズニーリゾートの35周年が始まる土日だし、28以降はGWでどこに行くにも高くなってしまうので、1週目or3週目に予定を入れようと考えました。

しかし、普通に航空券を普通に買うとなると既に1ヶ月を切ってしまっているので、どこへ行くにも高めの運賃になってしまいます…。

そこで思い出したのが、3月上旬にTwitterで見かけたこちらのツアー。

www.jal.co.jp

ツアーの料金は固定のため、直前の申し込みでも値段は変わらない&4月は土曜発の設定料金が対象期間の中でも一番安かったので、突発的に修行をすることを決めた私にはちょうどいい選択肢でした。

ツアーの日程

私が申し込んだのは1泊2日で15フライトを利用する、回数修行僧には最も効率的なプラン。

日次 行 程
1日目 羽田(6:00~8:30発のご希望便) ⇒ 鹿児島(乗り継ぎ) ⇒ 奄美大島(乗り継ぎ)
【月・水・金・日】
⇒ 沖永良部(乗り継ぎ) ⇒ 与論(乗り継ぎ) ⇒ 奄美大島(乗り継ぎ)
【火・木・土】
⇒ 与論(乗り継ぎ) ⇒ 沖永良部(乗り継ぎ) ⇒ 奄美大島(乗り継ぎ)

⇒ 喜界島(乗り継ぎ) ⇒ 鹿児島(18:00~18:15頃着)…各自… ホテル

2日目 ホテル …各自… 鹿児島(7:25~7:45頃発) ⇒ 徳之島(乗り継ぎ) ⇒ 奄美大島(乗り継ぎ)
【月・水・金・日】
⇒ 沖永良部(乗り継ぎ) ⇒ 与論(乗り継ぎ) ⇒ 奄美大島(乗り継ぎ)
【火・木・土】
⇒ 与論(乗り継ぎ) ⇒ 沖永良部(乗り継ぎ) ⇒ 奄美大島(乗り継ぎ)

⇒ 喜界島(乗り継ぎ) ⇒ 鹿児島(乗り継ぎ) ⇒ 羽田(20:00~22:00頃着)

なお、このプランに含まれる渡航先でかざぽんが『沸騰ワード10』で訪れた空港のほとんどを制覇できます!風間担に最適!

土曜日発だと順番は多少違ってしまいますが、同じ場所の空気を感じることができるというのも今回のツアーを選ぶに至った理由の一つです。

申し込み時の選択事項

このアイランドホッピングツアーはWeb限定のプランなので、ポイントサイトを経由することも忘れずに。

以前、アメックスのカード発行で一気にプラチナ会員になったポイントインカムと、JALマイラー必須と言われているモッピーを比較して、今回はポイントインカムから。

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム
モッピー!お金がたまるポイントサイト

予約時に選ぶことができるのは、下記の3点

  • 羽田~鹿児島(往路)のフライトスケジュール ①6:25発 JL641 ②8:05発のJL643
  • 羽田~鹿児島(往路)の搭乗クラス ①エコノミークラス ②クラスJ
  • 鹿児島での宿泊ホテル

フライトは6:25発のエコノミークラス、ホテルは鹿児島空港から送迎車で2分ほどの距離にある、かごしま空港ホテルの禁煙ルームで予約を進めました。

かごしま空港ホテルを選ぶメリット

今回のツアーで選べるホテルは、かごしま空港ホテルの他にも市内のホテルが2軒。

www.jrk-hotels.co.jp

www.hankyu-hotel.com

JR九州ホテル鹿児島もレム鹿児島も、鹿児島中央駅からのアクセスは非常に良いです。初日の夜に鹿児島市内を満喫したいという方であれば選択肢に入れても良いかもしれません。

が、このツアーの目的はとにかく飛行機に乗ること!そのため2日目は7時台のフライトで鹿児島空港を出発するので、市内のホテルに宿泊した場合は(片道で)所要時間40分前後、バスでの移動費1,250円をかけなければなりません。

k-kukohotel.co.jp

一方、かごしま空港ホテルは空港から電話一本でいつでも無料送迎を行ってもらえるうえに朝食付き、さらに2,000円分の館内利用券も付くため、実質2食付きのようなもの。

JALパック【アイランドホッピング】|かごしま空港ホテル

https://www.instagram.com/p/BhRWtLSBf_a/

館内にはレストランだけではなくパティスリーもあったので、夕食代が浮いた分でケーキを買ってお部屋で楽しんだりもできました。

座席指定について

利用する便の事前座席指定は、搭乗する15回のフライトの一部を予約時に行うことができました。申し込み時に指定できなかった分は、空港での搭乗手続き時の空席状況に基づいて決まります。

座席が指定できたものは、後日届く行程表にも印字された状態で手元に届きます。

f:id:imagical:20180416084457j:plain

利用する便数が多いので、QRコードが書かれた用紙が2枚に分かれていました。

私は搭乗券が欲しい(デルタのキャンペーンに送るための管理がしやすい&沸騰ワードでかざぽんも搭乗券持ちだった)ので、自動チェックイン機ではQRコードICカードではなく、確認番号で発券するようにしています。

コストパフォーマンスはどうだったのか

今回、私が参加した日程の料金は1泊2日15フライト(土曜発)で139,300円でした。

単純にフライト本数で割ると1レグあたり約9,286円ですが、朝食と館内利用券付きの宿泊を伴っているので、その分を合計金額から引いてみます。

f:id:imagical:20180417205538j:image

チェックインが遅めだったのが幸いしたのか、フロアの端っこではありましたがセミダブルで禁煙のお部屋でした。

朝食&館内利用券と同等額の夕食がついたプランがこれくらいの金額だったので、ツアー総額から引くと¥127,160、1レグあたり約8,477円に。

旅行を申し込んだ日から出発日まで2週間を切っていたので、これらのフライトと宿泊を全て個人手配した場合を考えると、急遽決めた修行予定としてはかなりコスパ良く飛べたんじゃないかと思います。

7月からは就航スケジュールが変わるため、1泊2日で15フライトができるのは6月まで。

1箇所への滞在は短い時間だったものの、また来てみたいと思える場所にもたくさん出会えたので、次は現地での滞在を目的として今回のアイランドホッピングツアーで足を運んだ島を再訪するのもいいなぁと思っています。

関連記事

imagical.hateblo.jp

imagical.hateblo.jp